ここから本文です

“なんでもできる”レアルの心臓が2020年まで契約延長! 次はロナウド&ベイルか

theWORLD(ザ・ワールド) 2016/10/19(水) 18:00配信

主力選手のキープに成功

彼はレアル・マドリードにとってのマストアイテムだろう。クロアチア代表MFルカ・モドリッチが、2018年6月までとなっていた白い巨人との契約を2020年6月まで延長した。同クラブ公式サイトが発表している。

チャンスとあらば積極果敢に前線へ顔を出し、攻め込まれるシーンでは守りに徹する。ジョゼ・モウリーニョを始め、カルロ・アンチェロッティやラファエル・ベニテス、そしてもちろんジネディーヌ・ジダンに至るまで、多くの指揮官から寵愛を受けてきた31歳のプレイメイカーは、レアルとの魅力的な冒険を続けることになった。先日にはモドリッチと中盤でコンビを組むドイツ代表MFトニ・クロースとも契約を延長していたレアル。スペイン『MARCA』によれば、今後はガレス・ベイルやクリスティアーノ・ロナウド、そしてぺぺといった主力メンバーとも順次交渉を進めていくことになるという。

2012年の加入以降、攻守にわたってキーマンとして君臨するモドリッチとの新契約は、チャンピオンズリーグ連覇を目指すレアルにとって大きな追い風となりそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:2016/10/19(水) 18:00

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報