ここから本文です

hideさんMC映像に涙、YOSHIKIとPATAがバンドとファンへ感謝捧ぐ/2日目レポ

MusicVoice 10/19(水) 22:20配信

<VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powerd by Rakuten>2日目レポ◇hide with Spread Beaver

 前日は、X JAPANが、ギタリストPATAが2月に緊急入院して一時活動休止して以来となる、完全復活ライブを披露した。1998年5月に急逝した、同バンドのオリジナルメンバーであるギタリストhideさんのバンドhide with Spread Beaverがこの日は出演するとあって、会場には生前のhideさんに扮したコスプレで訪れたファンも多く見られた。

 hide with Spread Beaverが、hideさんの映像とともにメンバーの映像が流れ、メインステージである「SUMMIT STAGE」の上に登場。大歓声が会場を埋め尽くした。1998年の1stシングル「ROCKET DIVE」でこの日のステージの幕を開けた。ステージはhideさんのライブ映像が流され、録音されたボーカルとともにメンバーが演奏。そのまま、CHIROLYN(Ba)の腹に響くベース音が怪しく響く「POSE」を披露。

 SEとともにhideさんのMCの映像が流れ、その中でhideさんは「幕張! そっちの兄ちゃん姉ちゃんもマジ頼むっす。この趣味の悪い髪型と、趣味の悪いギターに免じてノッちゃってくださいなー」と語っていた。このhideさんの肉声を使ってのMCは観客の心を震わせ、涙させた。その流れで「BEAUTY & STUPID」へ突入。観客はサビでペンライトを振り、曲に合わせ踊っていた。

 ここでSpread Beaverのメンバーがステージから去り、X JAPANのYOSHIKI(Dr、Piano)がステージに現れ、会場から歓声が上がった。YOSHIKIはピアノを奏で、hideさんが歌う、1996年のhideさんのソロ2ndアルバム『PSYENCE』収録の「GOOD BYE」を披露。

 YOSHIKIは涙ながらに「長い間、hideのこと応援してくれて本当に有難う。hideの家族とSpread Beaverのみなさん、本当に有難う。みんながこうして今でも頑張ってくれるからhideが今でもみんなの心に残っていると思います」と感謝の気持ちを語った。

 YOSHIKIが「みんな気合い入ってるか?」と呼びかけ、観客が歓声で応えるとYOSHIKIはピアノで「ピンクスパイダー」を弾き語り、JOE(Dr)のドラミングから曲が始まると、メンバーとともにhideさんの後期メインギターだった黄色のボディに赤のハート柄ボディのギターを携え、演奏に参加した。

 CHIROLYNが「幕張! 帰ってきました!」と挨拶し、X JAPANのギタリスト・PATAを呼び込み、再び会場は歓声で包まれた。メンバーとPATAはhideさんの死後、2000年に再レコーディングされ、hide with Spread Beaver名義でリリースされた「TELL ME」を共演した。PATAは、後方ビジョンに映るhideさんの映像を観て微笑みかけながら演奏した。最後はPATAを中心にメンバーがステージ前方で1列に並び、観客にお辞儀し、ステージを去った。(取材・松尾模糊)

最終更新:10/19(水) 22:20

MusicVoice