ここから本文です

伊メディアが中村俊輔の“アニメ級な”神業を紹介「彼と中田は日本サッカー界の伝説」

theWORLD(ザ・ワールド) 10/19(水) 20:00配信

歴史的な名手と絶賛

イタリア人の記憶から彼を消すことは不可能に近いだろう。かつてレッジーナやセルティックといったクラブを渡り歩いた日本のレジェンド、中村俊輔がいまだに多くの注目を集めている。

18日付の記事で「中村が大空翼と若林源三に挑むとき」と銘打ち、この元日本代表MFを取り上げたのは伊のサブカルチャー専門メディア『MANGA FOREVER』だ。トップページには『ドラゴンボール』の人気キャラクター、孫悟空が構えるなど、かなりの日本贔屓な同メディアは、2012年1月に人気TV番組内の企画で中村が達成した神業を動画付きで紹介した。その神業とは、中村が左から右へ走るバスの窓に向かって、25m離れた位置からボールを蹴り入れるというものだ。日本でも大きな話題となったこの人間離れした神業について、同メディアは次のように言及した。

「日出ずる国が生んだ歴史的な名手、中村俊輔は我々のリーグであるレッジーナのユニフォームを纏ったことで多くの人間に知られている。彼の特徴はなんといっても壮観で完璧なFKだ。いまだに現役を続ける中村は、中田英寿と同じく“日本サッカー界の伝説”として崇拝されている。そんな彼がかつて日本のTV番組で達成した動くバスを狙い撃ちする動画を、我々は最近になって発見した。まさに必見の動画である」

ローマやパルマ、フィオレンティーナなどで活躍し、中村と共に2000年代の日本サッカー界を牽引した中田英寿氏の名前も挙げた同メディア。やはり当時のイタリアで名を馳せた2人のサムライは、今もなお多くの人間に敬意を抱かせる存在なのかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:10/19(水) 20:00

theWORLD(ザ・ワールド)

なぜ今? 首相主導の働き方改革