ここから本文です

新番組への熱意炸裂、ジャニーズWEST

Lmaga.jp 10/19(水) 17:00配信

新しい時代を牽引する天才の才能と日常に焦点を当てた、ジャニーズWESTの新番組『ナミノリ!ジェニー』(毎日放送)。重岡大毅、桐山照史、中間淳太、神山智洋、藤井流星、濵田崇裕、小瀧望らが、第1回の収録を終えた感想と今後の意気込みを会見で発表した。

スタジオのセット、密集状態でトークを繰り広げる

今回、初MCを担当した小瀧望は「天才中の天才に密着しているなっていうのを実感しました。スペシャリストが、こんなにも頑張ってんねんから、見終わった後にもっと頑張ろうって思える番組にしていきたいなと。そして僕たちももっと頑張っていこうじゃないかと」。そして神山智洋は「自分たちが触れてこなかった、いろんな世界に触れることができればと思います。いろんな人たちに話を聞いていきたい」と番組への思いを語った。

また最近、スベリ芸を磨きつつある濵田崇裕は「(番組のトーク中に登場する)外国人スタッフさんがぼくたちよりも有名になりそうなので、それだけは阻止していきたい。バス釣りばっかりしていたら淳太(中間)に、そんなバス釣りを勉強せんと、バラエティの勉強しろって言われたんで。バラエティも、天才についても学んでいきたい。早くロケに行きたいです」と意気込んだ。

初めてのロケとしてメディアアーティストの落合陽一を取材した桐山照史は「没頭するためには、ごはんも寝るのももったいないという考え方ができる。そして、驚くような発想ができる柔軟性があるのがすごいな」とコメント。ロケでは落合の研究室にいる学生と勝負に挑むのだが、負けたら「女装」を研究している男子学生とハグするという罰ゲームが提案される場面も。

そして、16歳のスケートボーダー中村貴咲に密着したメンバーの重岡大毅は「世界一の人が日本にいるなんて知らなかったし、ましてや年下にいるってことも知らなかった。最初は普通の女子高生やんって思ったところから始まったのですが。捻挫1000回、骨折10回したことありますとか信じられへんかった。目の当たりにしても」。ちなみに、重岡自身もハーフパイプに挑戦したのだが、あまりの高さに恐れをなして小学生からいじられたため、密着中に何時間も練習したんだとか。

今後、取材してみたい天才について尋ねられた藤井流星は「スポーツとか、どのジャンルでもいいんですけれども、世間的には知られていないけれど開拓したいから、頑張ってる人を取材したい」、そして、中間淳太は「おれは敏腕天才プロデューサー。テレビとかで歴史的な名前を残すような人。個人的には神ちゃん(神山)にはものまねのスペシャリストに弟子入りしてほしい」と、新レギュラーに対する今後の展望についてもコメントした。初回は10月21日、毎月第3金曜に毎日放送で深夜0:20~1:20に放送予定。

最終更新:10/19(水) 17:33

Lmaga.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]