ここから本文です

アン ミカ「モテ期は通り過ぎて気づく」

Lmaga.jp 10/19(水) 19:00配信

映画『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』の試写会が18日、大阪「TOHOシネマズなんば」にて開催され、モデルでタレントのアン ミカがトークショーをおこなった。

恋に夢中だがキャリアも大事という崖っぷちアラサー女子(レニー・ゼルウィガー)を描いた前作から11年。トークショーに真っ赤なドレスで登場したアン・ミカは、「同じ時代をブリジットとともに歩んできて、一緒に成長してきたアン ミカです」と挨拶。そして、自身が国際的スパイと婚約していた過去の話をまじえながら、本作のタイトルにちなみ「モテ期は通り過ぎてから気づくもの。誕生日をひとりで過ごすこともあった」など、赤裸々な恋愛トークで会場を盛り上げた。

トークショーの終盤には、「映画のなかで学ぶことも多かった。ひとりの女性のキュートでラブリーでハッピーがつまった人生を楽しみにご覧ください」と語り、「こうすると幸せのエネルギーの交換ができるの!」と、観客と手を振り合うなど、最後までハッピーオーラを絶やさなかった。映画は10月29日から公開される。

最終更新:10/19(水) 19:11

Lmaga.jp