ここから本文です

【ビルボード】第1位は高嶋ちさ子と12人のヴァイオリニストによる4年振りのアルバム『MUSE』

Billboard Japan 10/19(水) 14:50配信

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albumsは、高嶋ちさ子と12人のヴァイオリニストによる『MUSE~12 Precious Harmony~』が第1位を獲得。2016年7月のリリース以来10回目のチャートインとなった。9月10日より開催されている10th Anniversary 高嶋ちさ子12人のヴァイオリニストの全国コンサートツアーの影響が見られる。10月は10回を超える演奏会が予定されており、今後ますますの勢いが期待出来そうだ。

 また3位には2015年にリリースされた反田恭平のファーストアルバム『リスト』が、同じく10回目のチャートインを達成。先週の首位から順位は落としたものの、5位にも2015年1月タカギクラヴィア松濤サロン、2014年6月渋谷区文化総合センター大和田さくらホールにて録音した『ライヴ!』が同時チャートインするという快挙。8月末から続いていたコンサートに続き、10月放送の『情熱大陸』『題名のない音楽会』に出演しており、今後の連続チャートインが期待されるところだ。

 他、2位には『0歳からの育脳クラシック』が228回目のチャートインを飾り、広い層からの衰えぬ支持ぶりを見せつけた。また4位にはルドルフ・ブッフビンダー『ブラームス:ピアノ協奏曲第1番・第2番』が、6位にはアリス=紗良・オット『ワンダーランド』とアンネ=ゾフィー・ムター『イエロー・ラウンジ・ライヴ』チャートインするなど、来日公演との連動したチャートインが目立つ週となった。text by yokano

◎【Top Classical Albums Sales】トップ10
1位『MUSE~12 Precious Harmony~』高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト
2位『0歳からの育脳クラシック』
3位『リスト』反田恭平
4位『ブラームス:ピアノ協奏曲第1番・第2番』ルドルフ・ブッフビンダー
5位『ライヴ!』反田恭平
6位『イエロー・ラウンジ ライヴ』アンネ=ゾフィー・ムター
6位『ワンダーランド』アリス=紗良・オット
8位『THE BEST』辻井伸行
9位『武満徹=ギター作品集成 1961~1995』鈴木大介
10位『展覧会の絵』牛田智大

最終更新:10/19(水) 14:50

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]