ここから本文です

【ビルボード】宇多田ヒカル、RADWIMPS 勢い衰えず上位キープ!『Fantome』3連覇達成

Billboard Japan 10/19(水) 14:50配信

 今週の総合アルバムチャート“Hot Albums”では、先週のトップ2が順位をキープ。1位が宇多田ヒカル『Fantome』。2位はRADWIMPS『君の名は。』という結果となり、『Fantome』が3連覇を果たした。

 『Fantome』は、CDセールスで6万枚以上を売り上げてこの部門1位、ダウンロードでも1位、ルックアップ2位と、各指標で大きくポイントを獲得。先週より総合ポイントは落ちてしまったが、それでも2位以下に大差をつけて1位となった。来週の4連覇に期待がかかる。その4連覇を達成したRADWIMPS『君の名は。』は、CDセールス3位、ダウンロード2位、ルックアップ1位として8回目のチャートインでも高順位を守り続けている。RADWIMPSの紅白のニュースや映画の興行収入が150億円を突破したことなど『君の名は。』関連の話題はまだまだ尽きない。そして、そのRADWIMPS・野田洋次郎のソロプロジェクト、illionのニューアルバム『P.Y.L』は6位に入った。

 Happinessの約4年ぶりのニューアルバム『GIRLZ N' EFFECT』は初登場で3位に。CDセールスでは2位に入ったが、デジタル・ルックアップでポイントが伸びず、総合3位でフィニッシュ。また、洋楽タイトルで今週もトップ10入りをキープしたのは、8位ノラ・ジョーンズ『デイ・ブレイクス』。CDセールスは落ち着いてきたが、ダウンロードで好調を維持。日本でも人気が高いことを証明している。

◎【Hot Albums】トップ10
1位『Fantome』宇多田ヒカル
2位『君の名は。』RADWIMPS
3位『GIRLZ N' EFFECT』Happiness
4位『EXTREME BEST』EXILE
5位『虚無病』amazarashi
6位『P.Y.L』illion
7位『daydream 』Aimer
8位『デイ・ブレイクス』ノラ・ジョーンズ
9位『愛してもいいですか?』高橋みなみ
10位『Monologue』TEAM H
※『Fantome』の「o」の正式表記はサーカムフレックス付き

最終更新:10/19(水) 14:50

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]