ここから本文です

デヴィッド・ボウイ最後のレコーディング/未発表曲が解禁

Billboard Japan 10/19(水) 20:00配信

 10月21日にリリースを控えるデヴィッド・ボウイのミュージカル『ラザルス』のキャスト・アルバムには、遺作となった『★(ブラックスター)』からの未発表レコーディング曲が3曲収録されるが、そのうちトニー・ヴィスコンティのプロデュースによる2曲が18日、英BBCラジオで解禁された。

 最下部のリンクにて、46分10秒あたりから「ノー・プラン」を、51分あたりから「ホエン・アイ・メット・ユー」をそれぞれ聴くことができる。未発表曲のうち残りの「キリング・ア・リトル・タイム」については今のところ公開されていない。

 同3曲はこれまで、2015年後半にニューヨークで初上演されたミュージカル『ラザルス(LAZARUS)』の劇中でしか聴くことが出来なかった。『★』収録の「ラザルス」や過去の名曲「チェンジス」などのキャスト・パフォーマンス・バージョンが、今週リリースされる2枚組のアルバム『ラザルス』に収録される。

 未発表だったこれらの曲は、『★』バンドおよび同アルバムのプロデューサー、トニー・ヴィスコンティにより制作されている。デヴィッド・ボウイは今年1月10日に亡くなっており、同キャストがレコーディングしたのはその翌日だったという。

 なお、ミュージカル『ラザルス』は10月25日にロンドン・プレミアをKing's Cross Theatreで行い、来年2017年1月21日まで上演される予定だ。



◎BBC RADIO2:Jeremy Vine
http://www.bbc.co.uk/programmes/b07ystdz

最終更新:10/19(水) 20:00

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]