ここから本文です

MotoGP:2017年はウイングレット禁止に続き、エアロ開発を制限へ

オートスポーツweb 10/19(水) 19:51配信

 MotoGPのマニュファクチャラーは、ウイングレットが禁止される2017年にボディワークのアップデート回数も制限されることになりそうだ。

ウイングレット廃止に続き空力開発も制限されるMotoGP

 バレンシアで行われる2016年シーズン最終戦が、MotoGPでウイングレットが使われる最後のレースとなる。また、この禁止により空力開発の対象がフェアリングへとシフトする。

 9月のサンマリノGP期間中に開かれたグランプリ委員会のミーティングでは、極端なソリューションを避ける方向で落ち着いた。これにより、各マニュファクチャラーは使用可能なデザイン数が制限されることとなる。 



 初期のフェアリングとフロントマッドガードのデザインは、カタールでのシーズン開幕戦でMotoGPのテクニカルディレクターの許諾を得なければならない。

 その後はマニュファクチャラーごとではなく、ライダーごとに1回だけのアップグレードが許可されることになる。

 先週末もてぎで開かれた委員会の最新会議での声明によると、この移行は”コスト削減の利益”をもたらすとのことだ。

 ウイングレットの急速な開発は各サーキットの特性をベースに多様化され、付属パーツの絶え間ない進化をもたらした。

 また委員会は、2018年以降すべてのレーシングスーツは許可された空気注入式のエアバッグに適合しなければならないという要求を承認した。これはMotoGPの関係者らに支持された動きだ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/19(水) 20:27

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています