ここから本文です

「空の駅こまつ」来店30万人に 小松空港でセレモニー

北國新聞社 10/19(水) 2:26配信

 小松空港ビル内のアンテナショップ「空の駅こまつ」の来店者数が30万人を突破し、18日、同所で記念セレモニーが行われ、関係者がさらなる発展を期待した。

 空の駅こまつを運営する、こまつ観光物産ネットワークの竹村信一代表理事があいさつし、和田慎司小松市長が祝辞を述べた。節目の来店者となった北海道帯広市の会社員小野寺忠博さん(65)一家3人に記念品が贈られた。旅行を終えて帰宅するため初めて小松空港を利用した小野寺さんは「いい思い出話ができた」と話した。

 空の駅こまつは2013年10月1日にオープンし、地元農産物を使った6次産業商品や伝統工芸品などを販売している。同ネットワークによると、年間10万人の来店者数は当初の目標通りという。

北國新聞社

最終更新:10/19(水) 2:26

北國新聞社