ここから本文です

受発注状況「見える化」、包装資材商社イセ ウェブシステム開発

北國新聞社 10/19(水) 2:21配信

 包装資材商社イセ(高岡市)は、ウェブ受発注システム「e―Zi(イージー)システム」を開発した。ファクスやメール、電話で行っていた受発注の作業を簡単にし、注文数や納期などを「見える化」して顧客の利便性を高めた。

 システムは、顧客がイセに発注する際、パソコンやスマートフォン、タブレットなどからインターネットを通じて無料で利用できる。顧客ごとにIDを発行し、商品の発注ページを個々に用意。注文数の単位や商品の標記名など、顧客が使いやすいよう改良できる。

 発注ミスを防ぐため、商品の写真を掲載し、納期や納品の状況が確認できるようにした。同社と顧客双方で通信費や管理コストを削減できる。6月から運用を開始し、取引先企業30社がシステムを活用している。

北國新聞社

最終更新:10/19(水) 2:21

北國新聞社