ここから本文です

VW、排ガス不正車買い戻し迫られる恐れ-リコールで米との協議難航

Bloomberg 10/18(火) 15:32配信

ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲン(VW)は、排ガス不正をめぐり車両の所有者への補償を含めて総額147億ドル(現在の為替レートで約1兆5300億円)の支払いに応じる合意の最終承認を求めている。一方、米国で販売された48万2000台のリコール(無料の回収・修理)計画で米当局の承認が得られておらず、協議が続けられている。

排ガスの不正操作が行われた排気量2000cc車両の所有者や米環境保護局(EPA)を含む監督当局との合意は今年6月に成立。事情に詳しい関係者1人によれば、サンフランシスコの連邦地裁判事が18日に合意の最終承認を検討することになっているが、リコールに関するVWの提案をEPAはまだ承認していない。

裁判所が合意を承認するまでは、リコールをめぐるVWの正式提案を連邦当局が公式に検討することはない見通し。この件で公に発言する権限がないとして関係者が匿名を条件に語ったところでは、VWとEPAとの協議は流動的という。

カリフォルニア州大気資源局(CARB)は、2000ccだけでなく、3000ccモデルについてもVWのリコール計画を承認しないと通告しており、リコールが認められなければ、2000ccの排ガス不正車を所有者から買い戻すことがVWの唯一の選択肢となり、3000ccのディーゼル車も買い戻しを余儀なくされる恐れがある。

原題:VW Seeks Final Approval of Emissions Deal Without Fix in Hand(抜粋)

Jennifer A Dlouhy, Margaret Cronin Fisk, Kartikay Mehrotra

最終更新:10/18(火) 15:32

Bloomberg