ここから本文です

ドイツ銀行元幹部に対する偽証罪訴訟、元CEOに上訴絞り込み-検察

Bloomberg 10/19(水) 1:09配信

ドイツ銀行元幹部が偽証罪で無罪となったことを不服とするドイツ検察は、比較的役割の小さかった幹部に対する訴えを取り下げ、ユルゲン・フィッチェン、ヨゼフ・アッカーマン氏ら元最高経営責任者(CEO)の上訴に力を注ぐ意向だ。

ドイツ検察の広報担当であるヒルデガルト・ブレウムラーヘスル氏は電話で、ドイツ銀取締役会元メンバーのテッセン・フォンヘイデブレック氏、元監査役会長のクレメンス・ ベルジヒに対する上訴は取り下げると明らかにした。一方、フィッチェン氏とアッカーマン氏、さらにロルフ・ブロイヤー元CEOに対する上訴は継続すると述べた。

ブレウムラーヘスル氏は「フォンヘイデブレック、ベルジヒの両氏に対する訴えは2002年1月の会合での役割に限定されていた。われわれはこの部分を問わないことにした」と説明。「残りはより複雑で、(刑事事件の上級法廷で)再審理が必要だ」と語った。

これらドイツ銀の元幹部らは、経営破綻した独メディア企業キルヒの創業者レオ・キルヒ氏が20億ユーロ(約2300億円)の支払いを求めて起こした裁判で偽証した罪を問われたが、ミュンヘン刑事裁判所は今年4月に無罪の判決を下した。キルヒ氏は2002年2月のブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、当時のブロイヤーCEOがキルヒの信用力を疑う発言をしたことが経営破綻につながったと主張していた。

ドイツ銀行の広報はコメントを控えた。ブロイヤー、フォンヘイデブレック両氏の弁護人もコメントを拒否。その他のドイツ銀行元幹部との弁護士とは連絡が取れなかった。

原題:Ex-Deutsche Bank CEOs Are Focus of Prosecutors’ Appeals (1)(抜粋)

Karin Matussek

最終更新:10/19(水) 1:09

Bloomberg