ここから本文です

欧州債:独5年債利回りゼロ下回る-BBVAは「手を出すな」と助言

Bloomberg 10/19(水) 1:10配信

18日の欧州債市場ではドイツ5年債利回りがゼロを下回った一方、10年物利回りはプラス圏にある。

ロンドン時間午後4時現在、ドイツ5年債利回りはマイナス0.50%。10年物利回りは0.041%。7月には過去最低となるマイナス0.205%まで下げていた。今月に入ってからの長期債への売り浴びせで、30年物の月初6営業日のリターンはマイナス6%前後となっていた。

国債利回りがゼロを下回る水準にある状況で、欧州債の指標とされるドイツ国債でさえも富裕層の投資先ではないと、バンコ・ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア(BBVA)のプライベートバンキング部門で最高投資責任者(CIO)を務めるエンリケ・マラズエラ氏は指摘した。

マラズエラ氏はインタビューで、「われわれの業務は資産保全であり、ドイツ国債またはオランダやオーストリアなどの中核国の国債を保有しないように強く助言している」と語った。これら諸国の10年物の利回りはいずれも0.3%を下回り、5年物利回りはゼロ以下となっている。

同氏は「金融政策は長期にわたり緩和的にとどまるだろう」と述べた上で、「だが実際には、中央銀行は政策を変更するだろう。リターンがゼロのドイツ国債を購入したとしても、利回りは4%前後まで戻る。インフレ率が再び2%となった際にあるべき水準だ。25%以上もの損失となる」と語った。

原題:Zero-Yield Bonds Shunned as Untouchables by BBVA Private Banker(抜粋)

Todd White

最終更新:10/19(水) 1:10

Bloomberg