ここから本文です

ロンドンのタクシーは英語通じないとダメ-ウーバー運転手に言語試験

Bloomberg 10/19(水) 1:50配信

ロンドン市の交通当局は配車アプリの米ウーバー・テクノロジーズとの闘いをエスカレートさせた。民間免許のタクシー運転手として営業するために英語能力の試験にパスすることを義務付けた。

新規則はウーバーXと同社の黒塗りタクシーサービスの両方に適用される。ロンドン当局は先に、非英語圏出身の運転手にのみ英語力の資格を求める規則を導入しようとしたが、ウーバーが同規則の差し止めを勝ち取っていた。この規則が差別であるとされた市当局は言語能力の要件を撤回するのではなく、全ての運転手に2017年3月31日までに資格を満たすことを求めた。

ロンドン市当局は伝統的なブラックキャブ業界を守ろうとし、ウーバーは強まる抵抗に直面している。カーン・ロンドン市長は18日LBCラジオで、言語試験はウーバーや他の民間免許タクシー会社に求める四つの条件の一つだと説明。他の三つはサービス提供前に運転手の身元と車両について顧客に明らかにすること、保険契約、上級の運転技能試験だという。

原題:London to Put Uber Drivers Through English-Proficiency Test (1)(抜粋)

Adam Satariano

最終更新:10/19(水) 1:50

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。