ここから本文です

中国の8月の米国債保有、約4年ぶり低水準に-米財務省

Bloomberg 10/19(水) 5:29配信

中国の米国債保有残高は2012年11月以来の低水準となった。同国は人民元相場を押し上げる中で、外貨準備高が減少している。中国は外国勢で最も米国債を保有している。

米財務省が18日発表した8月の対米証券投資動向によれば、中国の米国債残高は1兆1900億ドル(約123兆円)と、前月から337億ドル減少した。同統計とブルームバーグが集計した過去のデータによれば、8月の減少幅は13年以来最大。

米国債保有額が中国に次いで2位の日本は106億ドル減の1兆1400億ドル。サウジアラビアの保有は7カ月連続で減少し930億ドル。

米財務省の統計には国際資本フローのデータも含まれており、8月の外国勢による米長期証券投資は483億ドルの買い越しだった。財務省短期証券(TB)や株式スワップなどの短期証券を含む全体では738億ドルの流入。米国債は248億ドルの売り越しとなった一方、米株式は27億3000万ドル、米社債は228億ドル、米政府機関債は296億ドルのそれぞれ買い越しだった。

原題:China Holdings of U.S. Treasuries Drop to Almost Four-Year Low(抜粋)

サウジの保有額などを追加して更新します.

Scott Lanman, Sarah McGregor

最終更新:10/19(水) 8:46

Bloomberg

なぜ今? 首相主導の働き方改革