ここから本文です

クレディS、クオンツファンドを投資銀チームが開始-資産運用を強化

Bloomberg 10/19(水) 9:22配信

スイス銀行2位のクレディ・スイス・グループは、資産運用部門強化の一環として、クオンツ戦略を重視する2つのヘッジファンドをスタートさせる。事情に詳しい関係者の1人が明らかにした。

非公開情報であることを理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、新たなファンド「Qube」と「QT」の運用担当者は、投資銀行内に設置されたシステマティック・マーケットメーキング・グループ(SMG)のロンドンおよびニューヨークの既存のチームで構成される。クレディ・スイスの広報担当カリナ・バーン氏は、コメントを控えている。この件はビジネス・インサイダーが18日に先に伝えていた。

金融危機後に成立したボルカー・ルールの規制要件を満たすために再編が行われるまでは、SMGは自己勘定取引を行うプロプライエタリー・アービトラージトレーディング部門として機能していた。SMGを資産運用部門のクレディ・スイス・アセット・マネジメントに移すことで、規制の制限を受けずに外部の投資家から資金を集め、自分たちのストラテジーをさらに追求することが可能になる。SMGを含む8つのビジネスがこれまでに資産運用部門に移された。

関係者によれば、ロンドンを拠点として運用されるQube(当初運用資産は約4億ドル=約415億円)は既に取引を開始。運用資産額は来月までに倍に増え、アジアでのビジネス拡大によって来年1-3月(第1四半期)には12億ドルに達する見通し。2009年に欧州およびアジアのプロプライエタリー・アービトラージトレーディング責任者としてクレディ・スイスに移籍したピエールイブ・モールラ氏が運用責任者となる。

一方のQTはニューヨークに拠点を置き、来年1-3月に取引をスタートする予定。当初の運用資産額は約6億ドル。モールラ氏と共にSMGの運営に携わったニック・ブランカ氏が運用を統括するという。

原題:Credit Suisse to Start Quant Funds in Asset Management Push (1)(抜粋)

Katia Porzecanski

最終更新:10/19(水) 9:22

Bloomberg