ここから本文です

中国:7-9月GDPは6.7%増、予想と一致-引き続き安定示す

Bloomberg 10/19(水) 11:28配信

中国経済は7-9月(第3四半期)も安定を示した。これで政府の通期成長目標の達成がほぼ確実になり、金融リスクを抑制する政策への転換に道が開かれた。

国家統計局が19日発表した7―9月の国内総生産(GDP)は前年同期比6.7%増。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想中央値と一致し、政府が設定した2016年の成長率目標(6.5-7%)のレンジ内となった。

景気の安定で、膨らみつつあるレバレッジと行き過ぎた金融リスクを抑えることを狙った政策の余地が生じている。国際通貨基金(IMF)などもそうした取り組みを求めていた。政府は先週、債務削減に向けた指針を発表したが、与信の伸びが国内大都市の住宅価格を押し上げる中、これまでの公約は守られないことが多かった。

9月の工業生産は前年同月比6.1%増と、アナリストの予想中央値(6.4%増)を下回る伸び。同月の小売売上高は同10.7%増で、市場予想と一致。1-9月の固定資産投資は前年同期比8.2%増と、市場の予想通りだった。

HSBCホールディングスのエコノミスト、王然氏(香港在勤)は「力強い公共投資を背景に経済の安定化が続いている」と指摘。「成長の下押しリスクが依然存在する。弱い外需とは別に、不動産価格の抑制に向けたマクロプルデンシャルな引き締め措置が短期的にセンチメントや関連活動に若干の影響を及ぼす可能性がある」と述べた。

1-9月の不動産開発投資は前年同期比5.8%増加。9月の新築住宅販売額は前年同月比61%増えた。

中国は2年にわたり住宅購入者を支援する緩和策を講じてきたが、9月の遅い時期から少なくとも21都市が住宅購入に制限を設け、住宅ローン規制を強化している。ゴールドマン・サックス・グループは住宅価格上昇が続けば、さらなる引き締めの公算が大きくなると分析。シティグループは需要減退が10-12月(第4四半期)の販売減少につながりかねないと予想している。

(更新前の記事で4段落目の工業生産の実績とアナリスト予想との比較を訂正済みです)

原題:China Growth Holds at 6.7%, Backed by Government and Consumers(抜粋)

5段落目以降に市場関係者のコメントなどを追加し更新します.

Xiaoqing Pi, Kevin Hamlin

最終更新:10/19(水) 13:33

Bloomberg