ここから本文です

中国アリババ傘下の口碑、約1040億円調達を計画-関係者

Bloomberg 10/19(水) 14:07配信

中国のアリババ・グループ・ホールディング傘下で地域密着型サービスを提供する口碑は、10億ドル(約1040億円)の資金調達を計画している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。同社はオンライン・ツー・オフライン(O2O)市場で他の中国大手ウェブ企業への攻勢を強めている。

非公開情報だとして匿名を条件に語った関係者によると、口碑は今回の資金調達で80億ドルの企業価値があると評価されることを目指している。資金を集め、より多くの都市への進出やユーザー増加につなげたい考えだ。

アリババはテンセント・ホールディングス(騰訊)が出資する美団・大衆点評の持ち株を売却した後、自社独自の地域サービス事業に重点を置いている。アリババの馬雲(ジャック・マ)会長は電子商取引の枠を超えてO2O市場で足掛かりを築くことの重要性を強調してきた。O2O市場は2017年までに7兆2800億元(約112兆円)に達すると見込まれている。

原題:Alibaba’s Koubei Said to Seek $1 Billion to Fund Expansion (1)(抜粋)

Lulu Yilun Chen

最終更新:10/19(水) 14:07

Bloomberg