ここから本文です

サウジアラビア、175億ドルの国債発行を計画、新興国最大に-関係者

Bloomberg 10/19(水) 21:11配信

サウジアラビアは国際市場での国債発行を通じて最大175億ドル(1兆8080億円)を調達する計画だ。事情に詳しい関係者2人が明らかにした。原油値下がりで悪化した財政を支えるため、新興国として過去最大規模の起債を目指す。

情報が非公開であることを理由に匿名で発言した関係者らによれば、サウジはドル建ての5年債、10年債、30年債の発行を予定しており、価格ガイダンスでは米国債に対する利回り上乗せ幅(スプレッド)は5年債で約140ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)、10年債で約170bp、30年債では215bpだという。

アルゼンチンによる4月の165億ドルを上回る大規模起債は、これまで国際市場での資金調達を控えてきたサウジの財政状況の深刻さをうかがわせる。同国の財政赤字は2015年に970億ドルと、国内総生産(GDP)の15%に相当。政府は今年、補助金削減や賃金引き下げ、支出抑制で対応している。

原題:Saudi Arabia Poised to Sell Record $17.5 Billion Sovereign Bonds(抜粋)

Archana Narayanan, Arif Sharif

最終更新:10/19(水) 21:11

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。