ここから本文です

米住宅着工件数:前月比9%減、予想外のマイナス-集合が落ち込む

Bloomberg 10/19(水) 23:37配信

9月の米住宅着工件数は予想外のマイナスとなった。集合住宅の落ち込みが響いた。住宅着工許可件数は予想以上に増加した。

米商務省が19日発表した9月の住宅着工件数(季節調整済み、年率換算、以下同じ)は前月比9%減の105万戸。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は118万戸への増加だった。前月は115万戸(速報値114万戸)に修正された。

着工件数の先行指標となる住宅着工許可件数は6.3%増の123万件と、昨年11月以来の大幅な伸び。市場予想は117万件だった。前月は115万件。

HSBCセキュリティーズUSAのエコノミスト、ライアン・ワン氏は「住宅建設は7-9月期成長の足かせだった可能性がある」と指摘。「集合住宅の建設は底固めし始めている」とし、「一戸建てはなお緩やかな成長トレンドにあるようだ」と続けた。

一戸建ての着工件数は前月比8.1%増加して78万3000戸と、2月以降で最大の伸び。前月は72万4000戸。集合住宅は38%急減して26万4000戸となった。

地域別では全米4地域のうち、3地域で着工件数は減少。中でも北東部は36%減少した。西部はほぼ変わらず。

統計の詳細は表をご覧ください。

原題:U.S. Housing Starts Unexpectedly Drop on Multifamily-Unit Slide(抜粋)

Sho Chandra

最終更新:10/19(水) 23:37

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。