ここから本文です

オコン「フェルスタッペンはF3時代から危険なドライバーだった」

TopNews 10/20(木) 5:53配信

マノーのエステバン・オコンが、あまりにも攻撃的過ぎると批判を受けることも多いマックス・フェルスタッペン(レッドブル)のドライビングスタイルに関し、それはF1に来てから始まったことではないと語った。

■2014年にはしのぎを削り合った2人

2年前の2014年には、オコンとフェルスタッペンは同じヨーロッパF3選手権に参戦しており、ホイール・トゥ・ホイールの激しい戦いを演じたこともあった。結局、その年はオコンがタイトルを獲得、フェルスタッペンはランキング3位でシーズンを終えていた。

だが、F1に先にデビューを飾ったのは当時17歳のフェルスタッペンのほうで、今年はシーズン途中でトップチームのレッドブルへ昇格。その最初のレース(F1スペインGP)でF1初優勝を遂げるという活躍を見せている。

一方のオコンは、今季は当初ルノーの控えドライバーとなっていたものの、シーズン後半にはマノーのシートを獲得。来季はルノーのシートに座ることになるのではないかともうわさされている。

■フェルスタッペンのほうが攻撃的

2014年のヨーロッパF3のことを思い起こしながら、20歳となったフランス人ドライバーのオコンはオランダの『Formule 1(フォーミュレ1)』に次のように語った。

「FIA(統括団体である国際自動車連盟)は必ずしも僕たちに満足していたわけじゃないだろうね」

「限界ギリギリのところまで行くこともあったし、本当に危険だった。僕たちは何度か警告を受けたけれど、一度も本当にクラッシュしたことはなかったよ。だけど、そういうレースは必ずしも楽しいものではなかった」

そう述べたオコンは、次のように付け加えた。

「マックスは僕よりもはるかに攻撃的だよ。彼はレース中ずっとそうなんだ。でも僕はそうする必要があるときだけさ」

最終更新:10/20(木) 5:53

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]