ここから本文です

「リピートの間隔がゼロ」の2つの意味を知っていますか? 施策の頻度と訪問頻度を比較する[第18回]

Web担当者Forum 10/20(木) 7:06配信

今回も、Googleアナリテクスにおける「リピート」に関する2つのディメンションを取り上げる。前回は「リピートの回数」を解説したが、今回は「リピートの間隔」を解説していく。「リピートの間隔」はその名のとおりなので誤解する可能性は少ないが、「リピートの間隔が0」といわれるとピンとこないのではないだろうか?

まずは「リピートの間隔」が、Googleアナリティクスで実際にどのようなレポートとして表示されるのかから解説を始めよう。

この記事で学べること:

・「リピートの間隔」の意味を理解する
・サイトの更新頻度とユーザーの訪問間隔を比較する

 

[リピートの回数や間隔]レポートの[セッションの間隔(日数)]を見る

「リピートの間隔」は前回の「リピートの回数」と同じユーザー系のレポートで確認できる。[ユーザー]>[行動]>[リピートの回数や間隔]レポートだ(図1赤枠部分)。このページの「分布」タブ(図1青枠部分)に、「セッション数」と「セッションの間隔(日数)」という2つのリンクが用意されている。

デフォルトでは「セッション数」が選択されているが、その右隣にある「セッションの間隔(日数)」(図1緑枠部分)が、「リピートの間隔」に対応するものだ。「間隔」は日数単位で表示されるので「何日ぶりのセッション(訪問)か」という意味なのかとおおよそ想像がつくだろう。今回はそのとおりだ。

「セッションの間隔(日数)」を選択すると、図2のような表が表示される。これは見たとおりに「セッションの間隔(日数)」の分布を示している。

左の1列「セッションの間隔(日数)」(図2赤枠部分)が「リピートの間隔」を日数別に表しており、0日から7日までがそれぞれ1行ずつ、8日以上は複数の日数でグルーピングされている(図2青枠部分)。

「セッションの間隔(日数)」は「何日ぶりのセッション(訪問)か」という意味なので、「3」であれば「3日ぶりのセッション(訪問)」という意味になるわけだ。では「0」の場合は何を意味するのだろうか。例を挙げながら、もう少し詳しく定義を説明していこう。

 

1/3ページ

最終更新:10/20(木) 22:06

Web担当者Forum