ここから本文です

急須の注ぎ口、ビニール外して使って! お茶屋の投稿が話題 「知らなかった」驚きの声も 業界団体に聞く

withnews 10/20(木) 7:00配信

 お茶をいれる時に使う「急須」に関するツイッター投稿が話題になっています。注ぎ口に付いているビニールキャップについて「お茶を淹れる際には不要ですので外してください」と呼びかける内容です。これに対し「初めて知った」「つけたまま使ってた」といった驚きの声が上がっています。投稿した三重県のお茶屋に話を聞きました。

【画像】微妙に違う急須のビニールキャップ。1本1000円のペットボトル茶や、煎茶の基本の淹れ方も紹介

ツイッターで話題に

 話題になっているのは、三重県四日市市にある「お茶の川村園」の投稿です。注ぎ口にビニールが付いた急須の画像とともに、こんな文章が書かれています。

 「急須の注ぎ口に付いているビニールキャップは、輸送中の破損防止のために付いています。お茶を淹れる際には不要ですので外してください、捨ててもいいぐらいです。ビニールキャップを付けたままお茶を淹れ続けますと隙間に茶渋や水垢を蓄積させて不衛生ですので、外してください、外してください」

 17日に投稿すると「おばあちゃん家ではつけてた」「使用中に破損するのを防止するためのものかと思ってた」といった驚きの声や、「付けた方が垂れなくて注ぎやすい」といった意見も上がりました。もとのツイートはすでにリツイートが4万を超えていて、多くの人が関心を持ったようです。

投稿した川村さんに聞く

 投稿したのは川村園の社長・川村正道さん(43)。反響の大きさについて「急須があまり使われなくなっているだけに、こんなに反響があるとは驚きました。ありがたいかぎりです」と話します。

 つぶやいたきっかけは、急須を店に持ってきたお客さんからの「このビニール付けておくべきなですか」という質問。その時に答えた内容をそのままツイッターに投稿したそうです。

 「ホームセンターなどでビニールキャップだけ売っているところもありますが、熱湯利用を前提に作られていれば使ってもいいと思います。その場合でも、ときどき外して洗い、しっかり乾燥させてください」と川村さん。

 ビニールが斜めにカットされていて水きれがよい点も、そのまま使う人がいる理由のようです。この点については「斜めに美しくカットした方が、切断面の面積が広くなり、様々な形状・太さの注ぎ口にはめ込むことができるからでは」と推測します。

1/2ページ

最終更新:10/20(木) 10:48

withnews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。