ここから本文です

Androidの自動同期をWi-Fiのみにして、通信量を節約しよう

ITmedia Mobile 10/20(木) 6:10配信

 Androidスマホに必要不可欠なGoogleの各種サービス。Googleアカウントを登録すれば、そのアカウントでこれまで利用してきたデータが自動的に同期され、新しいスマホでも気軽に最新の状態で使うことができとても便利です。しかし、Googleの自動同期は、モバイルデータ通信で行うと思わぬ通信量を消費してしまう可能性があります。同期する項目は最小限にして、できるだけWi-Fi接続時に同期することで通信量の節約につなげましょう。

【画像】Gmailだけ同期オン

●使っていないサービスの同期はオフにしよう

 Androidスマホの「設定」には、Googleの同期項目を選択するメニューが備えられています。格安SIMを使っていて容量を節約したい場合は、ここで同期する項目を選びましょう。「設定」を開き、「アカウント」をタップします。ここでメニューをタップし、「データの自動同期」のチェックを外すと、自動同期が解除されます。ただし、登録している他のサービスの自動同期も解除されてしまうので注意しましょう。

●個別に同期設定をすることもできる

 登録している全てのサービスの同期を一括でオフにしてしまうのに抵抗がある人もいるでしょう。その場合は、「アカウント」から「Google」の項目をタップするとGoogleサービスの一覧が表示されるので、個別に同期のオン・オフを設定することができます。例えば、Gmailやカレンダーは利用頻度が高いのでオンにして、それ以外はオフにするといった具合です。

最終更新:10/20(木) 6:10

ITmedia Mobile

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。