ここから本文です

【菊花賞】サトノダイヤモンド状態キラリ「完璧」最終追い切り

デイリースポーツ 10/20(木) 6:03配信

 「菊花賞・G1」(23日、京都)

 クライマックスを迎えるクラシック最終章。さまざまな“初V”を目指し、サトノダイヤモンドが19日、朝一番の栗東CWで抜群のフットワークを披露した。里見治オーナーにとっては悲願のG1初制覇が、ディープインパクト産駒は菊初勝利が、ルメールにとっては初クラシックVが懸かる一戦。自身は春、皐月賞3着、ダービー2着とあと一歩のところでG1タイトルを逃した。もう善戦はいらない。悔いのない仕上げで今度こそ頂点を狙う。

 ラスト1冠に全てをぶつける。朝一番の栗東CWに登場したサトノダイヤモンドは、ダイナミックな脚取りでペルシアンナイト(2歳500万下)を2馬身追走。直線で内に進路を取ると、鞍上のルメールが軽く促す程度であっさりと抜け出す。抵抗するパートナーを横目に最後まで緩めることなく、4F53秒4-38秒3-11秒9のタイムで半馬身先着を決めた。

 「状態は完璧」-。感触を確かめた鞍上の言葉は力強い。「直線の反応がとても良かった。道中もスムーズ。喜んで(走って)いたよ」。最大の鍵は3000メートルの未知の距離。前走の神戸新聞杯では道中でやや力むシーンがあった。だが、「馬がフレッシュだったので少し引っ掛かったが、最後は頑張ってくれた。今回はリラックスして乗りやすくなる。自信はあります」とよどみなく言い切る。さらに「この馬にはスタミナがある。リラックスすればイケます」と距離克服にも太鼓判を押した。

 以前とは見違えるほどたくましさを増している。ダービー2着後に激戦の疲れを癒やした滋賀県のノーザンファームしがらき。牧場での夏休み中の課題は後肢と腰のパワーアップだった。春の時点で足りなかった面の強化に努めた成果は、秋初戦で結果を出し、ルメールが「体が成長して筋肉が付いている」と証言した通り。春の悔しさを晴らす準備はできている。

 関東圏の皐月賞、ダービーでは3、2着と苦杯をなめたが、今度は得意のホームコースでライバルたちを迎え撃つ。自身のクラシック初Vも懸かる一戦へ向け、関西のリーディングをひた走る腕達者は「(2戦2勝の)京都は合っている。内回り、外回りも問わないよ」と自信を隠そうとしない。機は熟した。一点の曇りもなく磨き上げられたダイヤモンドが、淀のターフで最高の輝きを放つ。

最終更新:10/20(木) 17:30

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]