ここから本文です

「HiGH&LOW」韓国上映会、TAKAHIROと登坂広臣のジャンプに現地ファン大歓声

音楽ナタリー 10/20(木) 5:00配信

映画「HiGH&LOW THE RED RAIN」のプレミア上映会が、昨日10月19日に韓国・ソウルにて開催。主演の雨宮雅貴、広斗の兄弟を演じたEXILE TAKAHIRO、登坂広臣(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)が舞台挨拶に登壇した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

2人がこの映画の海外プレミア上映会に登壇するのは、台湾に続いて2カ国目。TAKAHIROは「空港でも皆さん温かく迎えてくださって、僕らが代表で来させていただいている以上は、 精一杯盛り上げたいなと思います」、登坂は「『HiGH&LOW』というエンタテインメントを広めていけるように、楽しみながら舞台挨拶をできるようにしたいです」と、韓国のファンとの対面を心待ちにしていた。

舞台挨拶の冒頭では、2人が韓国語で挨拶を行い現地のファンを喜ばせる。集まったファンのためのプレゼント抽選の際にはTAKAHIROが「本当に韓国の方は肌がキレイですよね」と声をかけ、会場をさらなる興奮に導いた。

フォトセッション終了後には登坂とTAKAHIROが階段を使わずに、雨宮兄弟のアクションさながらに一気に舞台までジャンプして大歓声を浴びる。最後にTAKAHIROは「本当に心込めて撮った作品なので、最後の最後まで楽しんでいただければと思います」、登坂は「いい音楽だったり、いい作品を作れば、こういう国境を越えていろんな出会い、いろんな時間を共有できるということをこの作品を通して僕らも感じることができましたので、次は韓国でライブができるようにこれからも応援してくださるとうれしいです」と挨拶。熱狂のうちにイベントは終了した。

最終更新:10/20(木) 5:00

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]