ここから本文です

吉村界人が叫び歌う「太陽を掴め」予告解禁、柳楽優弥の姿も

映画ナタリー 10/20(木) 8:00配信

中村祐太郎の監督作「太陽を掴め」の予告編がYouTubeで解禁された。

「太陽を掴め」は音楽を題材に、都会に生きる不器用な若者たちの日常を描き出した青春群像劇。ミュージシャンとして活動する元子役のヤットを吉村界人、ヤットの友人でカメラマンのタクマを浅香航大、タクマの元恋人で、ヤットが思いを寄せるユミカを岸井ゆきのが演じた。そのほか、吉村と親交の深い柳楽優弥が友情出演している。

【この記事の関連画像をもっと見る】

予告編は、ヤットがライブハウスの楽屋で叫ぶ姿からスタートし、ヤットが歌うライブシーンを映し出す。ヤットと女性が裸で横たわるさまや、ユミカとタクマのラブシーンなどに加え、柳楽の姿も。「俺の何がわかるんだよ!」と叫んだヤットが、タクマの前でユミカを突き飛ばす場面など、3人の関係性の変化も切り取られていく。全編に流れる、あらかじめ決められた恋人たちへの池永正二による音楽が印象的だ。

「太陽を掴め」は12月24日より東京・テアトル新宿、愛知・シネマスコーレほか全国で順次公開。なお、10月25日に開幕する第29回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門でも上映される。



(c)2016 UNDERDOG FILMS

最終更新:10/20(木) 8:00

映画ナタリー