ここから本文です

【日本シリーズ大予想】大下剛史氏「メジャー目指す大谷に黒田をぶつけたい」

東スポWeb 10/20(木) 7:24配信

【日本シリーズ大予想:大下剛史(本紙専属評論家)=日本ハム4勝3敗】現役時代に両チームでキャプテンをしている身としては非常に予想が難しい。ただ、結論から先に言うと4勝3敗で日本ハムが勝つとみる。

 総合力では広島に分があると思うし、選手も粒が揃っている。普通に考えれば本拠地で最大4試合できる広島のほうが有利だ。だが、投の大谷、打の中田と投打に大黒柱がおり、大舞台での経験もある栗山監督の采配が冴え渡っている点などから先の結論を出した。

 特に栗山采配で光っていたのが、CSファイナルステージ第5戦の9回に大谷を登板させたことだ。球場全体の雰囲気を一気に変え、大谷も165キロを連発する最高のパフォーマンスで期待に応えた。4回に勝ち越しを決めたスクイズなど例を挙げればきりはないが、あの場面での大谷の起用と快投で日本中の野球ファンの視線が一気に二刀流右腕に注がれることになった。こんな演出は、なかなかできることではない。

 広島のファンは25年ぶりの日本シリーズ進出で32年ぶりの日本一に期待を膨らませているが、一方で“あの大谷が広島に来る”と喜んでいる。もし、大谷が第1戦に先発して初回にマツダスタジアムのスコアボードに160キロ台の球速が表示されたら、3万人を超える大観衆のハートをわしづかみにされかねない。そうなったら、流れを変えることも難しくなる。

 広島は順当ならジョンソンを初戦に投げさせるだろう。ただ、私だったら第1戦の先発には今季限りでユニホームを脱ぐ黒田を指名する。本人も地元ファンの前で最後の雄姿を披露したいだろうし、これまでの貢献度を考えたらそうすべき。将来的なメジャー挑戦を目指す大谷の前に、メジャーでの実績も豊富な黒田が立ちはだかるとなれば野球ファンならずともワクワクするはずだ。

 いずれにせよ、鍵を握っているのは大谷で“大谷の日本シリーズ”と言っても過言ではない。どちらに転んでも見応えのある戦いになるだろう。

最終更新:10/20(木) 7:40

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]