ここから本文です

国際体操連盟会長に渡辺氏 メジャー化目指す「サッカー選手並みの知名度に」

デイリースポーツ 10/20(木) 6:03配信

 国際体操連盟(FIG)は19日、都内の総会で会長選を行い、日本協会の渡辺守成専務理事(57)を第9代会長に選出した。119カ国・地域による投票で、欧州体操連合のグルゼク会長(フランス)に100-19で圧勝した。五輪実施競技の国際連盟で日本人が会長に就任するのは、94年まで国際卓球連盟の会長を務めた荻村伊智朗氏以来4人目。

 任期は17年から4年間で、渡辺氏が目標に掲げたのは体操のメジャー化。「内村、白井といった選手が、(世界の)サッカー選手並みの知名度になるようにしたい」と意気込みを語った。

 近年、国際スポーツ界における日本の影響力低下が課題となっていただけに、東京五輪に向けても期待が広がった。

最終更新:10/20(木) 17:12

デイリースポーツ