ここから本文です

卓球界のイクメン水谷が志願!愛ちゃんの子ども育成したい「世界一になれるかも」

デイリースポーツ 10/20(木) 6:03配信

 リオデジャネイロ五輪卓球男子シングルス銅メダルの水谷隼(26)=ビーコン・ラボ=が19日、都内で「イクメン オブ ザ イヤー2016」に出席し、育児に奮闘するアスリート代表として同賞を受賞した。

 2歳のまな娘を実家の卓球教室に連れて行ったところ、自らラケットを握り、素振りをしたという。「楽しくやってほしい」と目尻を下げたが「(卓球は)プロでやっていけるのは一握りなので、本格的にはやってほしくない」と厳しさものぞかせた。

 一方で、卓球界のサラブレッド育成でも“イクメン”を目指す。結婚した福原愛(ANA)に対し、「もし愛ちゃんに子どもができたら、卓球を指導させてほしい」と志願。「相手(台湾代表の江宏傑)も一流選手なので強くなる。世界一になれるかも」と意欲を燃やした。

最終更新:10/20(木) 17:13

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]