ここから本文です

スマホ不正疑惑に羽生三冠がTwitterで発言「灰色に近い」が「疑わしきは罰せず」

BuzzFeed Japan 10/20(木) 6:00配信

将棋界が三浦弘行九段の「スマホ不正疑惑」で揺れる中、羽生善治三冠が10月20日、妻の羽生理恵さんのTwitterを通じて、コメントを出した。【BuzzFeed Japan / 古田大輔】

ツイートは2回に分かれ、疑惑について自身の考えを述べている

1こんばんは。突然にお騒がさせてしまい申し訳ありません。本日、一部報道で誤解を招くような表現がありましたのでこの場をお借りして説明をさせて頂きます。まず、灰色に近いと発言をしたのは事実です。 ~2に続く

2そして、今回の件は白の証明も黒の証明も難しいと考えています。疑わしきは
罰せずが大原則と思っていますので誤解
無きようにお願いを致します。羽生善治

なぜ、このタイミングでコメントを出したのか

10月19日に週刊文春WEBで「将棋『スマホ不正』問題を渡辺明竜王が独占告白」と題する記事(http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6688)が発表された。渡辺竜王が疑惑の根拠について証言している。

その中で、羽生三冠らトップ棋士7人が「極秘会合」を開き、渡辺竜王の説明を聞いて「99.9%やってますね」などという声も出たと書かれている。

この会合の詳細などは、20日発売の週刊文春で掲載されるという。

将棋界を揺るがす疑惑。否応なく注目を集める第一人者として、報道を通じてではなく、直接、自分の意見を示したかったのかもしれない。

このコメントは深夜の発表だったにもかかわらず、拡散されている。

最終更新:10/20(木) 6:01

BuzzFeed Japan

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。