ここから本文です

【MLB】インディアンス19年ぶり6度目WS進出決定!4勝1敗でブルージェイズを圧倒

Full-Count 10/20(木) 8:38配信

3番リンドアが3安打、クリスプ&サンタナの一発で決める

 インディアンス(中地区1位)が19日(日本時間20日)、1997年以来19年ぶり6度目となるリーグ優勝を決めた。敵地で行われたア・リーグ優勝決定シリーズ第5戦でブルージェイズ(ワイルドカード)に3-0で完封勝利。対戦成績4勝1敗で圧倒する形となった。

日本人最高は…衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 前日はエース右腕クルーバーで黒星を喫したインディアンスだったが、この日は手堅い野球で決めた。初回、2死から3番リンドアが左前打で出塁すると、続くナポリが左翼フェンス直撃の二塁打。左翼手カレラが捕球に手間取る間に、一塁走者だったリンドアが一気にホームを陥れた。

 3回にはサンタナが今シリーズ2号ソロを右翼へ運び、4回にはクリスプが1号ソロを同じく右翼へ叩き込み、3点のリードを奪った。

 投げては、今季デビューしたばかりの新人メリットがプレーオフ初先発を果たし、4回1/3を投げてブルージェイズの重量打線を2安打無失点。5回途中からショー、ミラー、アレンの“勝利の方程式”トリオが無失点リレー。アレンは9回先頭バティスタに左翼線二塁打を許したが、最後はトロウィツキーを一邪飛に打ち取り、ゲームを締めた。

 ブルージェイズは強打を誇ったが、今シリーズではインディアンス投手陣の前に歯が立たず。4敗のうち2つは完封負けだった。

 インディアンスは25日(同26日)から本拠地クリーブランドで始まるワールドシリーズで、ドジャース(西地区1位)かカブス(中地区1位)の勝者と68年ぶり“世界一”の座を懸けて火花を散らす。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:10/20(木) 8:55

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています