ここから本文です

携帯詐取で3人再逮捕 収益1億円超か

カナロコ by 神奈川新聞 10/20(木) 7:03配信

 荷物を転送する「荷受け代行」のアルバイトに応募してきた他人名義を使い、スマートフォンをだまし取ったとして、県警サイバー犯罪対策課と鎌倉署は19日、詐欺の疑いで、横浜市鶴見区鶴見中央4丁目、無職の男(34)=詐欺罪で起訴=ら3人を再逮捕した。県警は、3人が昨年1月からことし6月までの間、格安スマホの販売事業者17社から少なくとも計約4千台以上のスマホをだまし取り、東京都内の質店など古物商9社に転売して約1億2千万円を得ていたとみている。同課によると、摘発した同種事件の被害では全国最大とみられる。

 ほかに逮捕されたのは、ともに無職の川崎市川崎区本町2丁目の男(32)=同=、同区東田町の男(45)=詐欺罪などで起訴=の2容疑者。

 再逮捕容疑は、共謀し、4月2日から5月7日までの間、アルバイトに応募してきた男性会社員ら5人の名義を使い、代金を支払う意思もないのにスマホ9台(販売価格計約31万5千円)を香川県内の販売事業者から購入。アルバイト5人に届いた荷物を転送させてだまし取った、としている。同課によると、横浜市鶴見区の男は黙秘し、残る2容疑者は容疑を認めている。

 同課によると、3人はインターネット上の無料求人サイトで荷受け代行のアルバイトを1件5千円で募集。応募してきた5人の名義と、不正に入手したクレジットカード情報を使い、スマホを購入。名義人の5人に荷物が届いたら私書箱や宅配営業所に転送させていた。

最終更新:10/20(木) 7:03

カナロコ by 神奈川新聞