ここから本文です

[CL]エジルのハットなどでアーセナルが6発大勝、公式戦7連勝で11戦無敗に

ゲキサカ 10/20(木) 6:58配信

[10.19 欧州CLグループリーグ第3節 アーセナル6-0ルドゴレツ]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は19日、グループリーグ第3節を行い、アーセナル(イングランド)はホームでルドゴレツ(ブルガリア)と対戦し、6-0で大勝した。リーグ戦、EFL杯を含めて公式戦7連勝を飾ったアーセナル。これで公式戦11戦負けなし(9勝2分)となった。
 
 立ち上がりから主導権を握ったアーセナルは前半12分、MFアレックス・オクスレード・チェンバレンの縦パスに抜け出したFWアレクシス・サンチェスが左サイドからPA内に進入すると、鋭い切り返しでDFをかわし、右足でループシュート。GKの位置をよく見た技ありの一撃で先制点を奪った。

 ルドゴレツもカウンターからチャンスをつくり、前半32分にはセンターサークル付近からのロングフィードに反応したMFビルヒル・ミシジャンが前線でキープ。横パスを受けたMFバンデルソンがミドルシュートを放ったが、惜しくもゴール左に外れた。

 耐える時間帯をしのいだアーセナルは前半42分、サンチェスがドリブルで持ち上がって左サイドのMFメスト・エジルに展開。エジルのマイナスのクロスをPA手前で受けたMFセオ・ウォルコットが豪快な右足ミドルを叩き込み、2-0とリードを広げた。

 後半開始早々の1分にも追加点。DFキーラン・ギブスが左クロスを送ると、後方から走り込んだチェンバレンがこぼれ球を押し込み、3-0と突き放した。後半11分には自陣からMFサンティ・カソルラが前線へ浮き球のロングフィード。エジルが絶妙なトラップからゴール前に抜け出し、落ち着いて右足で流し込んだ。

 4-0と大量リードを奪ったアーセナルは最後まで攻撃の手を緩めない。後半38分、途中出場のルーカス・ペレスの左クロスにエジルが右足で合わせ、自身2得点目。エジルは同42分にも右サイドを突破したペレスの浮き球のクロスに左足ボレーで合わせ、ハットトリックを達成した。今季公式戦最多となる1試合6ゴールで完勝したアーセナル。第3節を終えて2勝1分の勝ち点を7に伸ばし、パリSG(フランス)と並んでA組首位に立っている。

最終更新:10/20(木) 15:24

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報