ここから本文です

ドイツの銀行、支払い能力と流動性「疑う余地ない」-独連銀理事

Bloomberg 10/19(水) 22:10配信

独連邦銀行(中央銀行)のドンブレト理事はドイツの銀行について、十分な資本を持ち、流動性への十分なアクセスがあるとの見方を示した。

ドンブレト理事は19日ロンドンで行われたブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「われわれの観点から言えば、ドイツの銀行市場の支払い能力と流動性に全く疑いの余地はない」と述べた。

一部の投資家から増資の必要性を指摘されているドイツ銀行については、特段のコメントを控えた。記録的な低金利が利ざやをむしばみ、ドイツだけでなく欧州全域で銀行は利益改善に苦戦しているが、当局は「持続可能で合理的な収益性」に寄与するような銀行合併には興味があると語った。

ドンブレト氏は欧州中央銀行(ECB)の銀行監督部門、単一監督メカニズム(SSM)の理事も務める。

原題:Dombret Says Solvency, Liquidity of German Banks Beyond Doubt(抜粋)

Nicholas Comfort

最終更新:10/19(水) 22:10

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。