ここから本文です

空売り投資家レフト氏、香港で5年間の取引禁止-香港裁判所

Bloomberg 10/20(木) 1:58配信

香港の裁判所は米空売り投資家アンドルー・レフト氏に対し、香港上場企業について虚偽や風説に当たる情報を流したとして同市での5年間のトレーディング禁止を言い渡した。レフト氏は控訴する方針。

金融市場の不正を審理する香港の市場失当行為審裁処(MMT)は19日、レフト氏に対してトレーディング利益160万香港ドル(約2130万円)の返還と法的費用約400万香港ドルの支払いを命じた。同氏が香港の規則に再び違反した場合、刑事訴追されることになるとも警告した。

MMTは8月、レフト氏率いる調査会社シトロン・リサーチが2012年に公表したリポートには「虚偽や重大な事実について誤解を招くような内容、重大な事実の欠落があった」との判断を示していた。

裁判所の判断を受けてレフト氏は19日、電子メールで「この件が適切に考慮された判断だとは思わない」との見解を示し、「(レポート作成には)広範な調査を実施した。裁判所が言論の自由を踏みにじったことは残念で、効率的な市場への後退であることは間違いない。当然、控訴する計画だ」と述べた。

レフト氏は12年6月、香港上場の恒大地産集団(現在は中国恒大集団に社名変更)が破産状態にあることを隠すため会計上のトリックを使っていると主張するリポートを発表。同社はこれを否定したが、株価は1日で20%下落した。

シトロンのウェブサイトによると、同社は過去14年間に150以上のレポートを発表している。最近ではカナダの医薬品メーカー、バリアント・ファーマシューティカルズ・インターナショナル、医療機器の研究開発を手掛けるCYBERDYNE(サイバーダイン)などがターゲットになった。

原題:Hong Kong Bans Short-Seller Left From Market for Five Years (1)(抜粋)Short-Seller Left Plans Appeal After Hong Kong Trading Fines (2)(抜粋)

Eduard Gismatullin

最終更新:10/20(木) 1:58

Bloomberg