ここから本文です

シヴィル・ウォー、パワー・メタル戦線に渾身の撃鉄

BARKS 2016/11/3(木) 15:11配信

元サバトンのメンバーを含むシヴィル・ウォーが、歴史小説家シャーラの“南北戦争三部作”の完結編を原作にした最新作『ザ・ラスト・フル・メジャー』を12月9日に発売する。

◆シヴィル・ウォー画像

2012年に、サバトンからリカード・サンディアン(G)、ダニエル・ミール(Key)、ダニエル・ムルバック(Dr)、オスカー・モンテリオス(G)の4人が脱退、彼らはライオンズ・シェア~アストラル・ドアーズのシンガーであるニルス・パトリック・ヨハンソンを迎えてシヴィル・ウォーを結成、メタルの大海原へと乗り出していった。なおサバトンとの別離は友好的なもので、『サバトン・オープン・エアー』フェスに出演するなど交流は続いているようだ。

大統領エイブラハム・リンカーンのゲティスバーグ演説の一節「last full measure of devotion=戦死した兵士たちの“最後の完全なる献身”」をタイトルに冠した本作には、パワー・メタルに求められるすべてが詰め込められている。ヘヴィでアグレッシヴなツイン・ギターの襲撃、メロディアスで伸びやかなヴォーカル、キーボードによるファンファーレ、進軍マーチを思わせるドラム・ビート…、本作はシヴィル・ウォーがその音楽性を確立させた記念すべき作品になることだろう。

なお、日本盤限定ボーナストラックには、スウェーデン語で歌っている「ヒャタル・イフロム・ダーラナ」が収録される。

Photo by Ryan Garrison

シヴィル・ウォー『ザ・ラスト・フル・メジャー』
2016年12月9日発売
【CD】¥2,300+税
※日本盤限定ボーナストラック収録/歌詞対訳付き/日本語解説書封入
1.ロード・トゥ・ヴィクトリー
2.デリヴァランス
3.サヴァンナ
4.トゥームストーン
5.アメリカ
6.ア・テイル・ザット・ネヴァー・シュッド・ビー・トールド
7.ギャングズ・オブ・ニューヨーク
8.グラディエーター
9.ピープル・オブ・ザ・アビス
10.ザ・ラスト・フル・メジャー
11.ストライク・ハード・ストライク・シュア※ボーナストラック
12.アフターマス※ボーナストラック
13.ヒャタル・イフロム・ダーラナ※日本盤限定ボーナストラック

【メンバー】
ニルス・パトリック・ヨハンソン(ヴォーカル)
リカード・サンディアン(ギター)
ペトリュス・グラナー(ギター)
ダニエル・ムルバック(ドラムス)
ダニエル・ミール(キーボード)

最終更新:2016/11/3(木) 15:11

BARKS