ここから本文です

NECが人工知能で「うまい棒」の好みを当てる正しい誰得サービスを開始

ねとらぼ 2016/11/1(火) 23:06配信

 NECが、人工知能を使って好みの「うまい棒」の味を当てる「AI活用味覚予測サービス」を開始しました。人工知能という最新のテクノロジーを駆使して“好みのうまい棒を当てる”という地味極まりない芸当を見せてくれます。技術の無駄遣いだこれ!

【「AI活用味覚予測サービス」の使い方】

 好みの当て方は、「アニメを見ますか?」「お風呂に入っている時歌いますか?」といった味の好みとは関係のない質問に5つ答えるだけ。最後に回答から予測した好きな「うまい棒」を表示します。

 あまりに質問の内容が味の好みと関係ないため、ただランダムにうまい棒の味を表示しているだけなのでは……と思いましたが、解説ページによると「人工知能が事前に行った大量のアンケート結果から、好みの『うまい棒』をペルソナ(ライフスタイル・性格などの人物像)ごとに分類」「ライフスタイルに関する5つの質問を出題し、その回答結果から質問では直接聞いていない回答者の好みの味や性格タイプを予測」するとのこと。ちゃんと理屈に沿って(?)診断しているもよう。

 ちなみに編集部内では、3人中1人がピタリと正解でした。サンプルが全然足りませんが、15種味があることを考えると悪くないかもしれません。筆者はめんたい味が好きなのですが、診断結果では2番目ぐらいに好きなサラミ味が出ました。

 ただ、やり直すたびに診断結果が変わってしまうため、なんとも言えない部分もあります。もし好みではない味が出てきた場合は、好みの味を教えてあげることも可能。教えてもらえば教えてもらうほど賢くなるらしく、まだ公開されたばかりなのでこれからどんどん当たるようになっていくのかもしれません。いずれはアキネイターばりにピタリと当てられるようになって欲しいですね。

最終更新:2016/11/1(火) 23:06

ねとらぼ

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!