ここから本文です

ふなっしー&サバンナ高橋、ガンズ応援サポーターに就任。ふなっしーがガンズのコピーバンドをしていた事実も発覚

M-ON!Press(エムオンプレス) 2016/11/15(火) 12:43配信

2017年1月に、スラッシュ、ダフが復活してオリジナルメンバーが揃っての24年ぶりの来日を果たすガンズ・アンド・ローゼズ(以下ガンズ)の応援サポーターとして、ふなっしーとたかはっしー(サバンナ高橋)のふたりが就任。11月14日、東京八重洲・ギブソンショールームにてガンズサポーター結成式が行われた。

【詳細】他の写真はこちら

冒頭、会場内にガンズの「Sweet Child O’ Mine」が流れると、長髪に黒い帽子とサングラス姿の“スラッシュ”の出で立ちでたかはっしー(サバンナ高橋)が登場。スラッシュモデルのレスポールでエアギターを披露。続いてボーカルパートになると、アクセル・ローズのトレードマークであるバンダナを巻き、ガンズの黒Tシャツを着用したふなっしーが登場。

まずはガンズに寄せて、ふなっしー(1878歳)は「学生時代(←いつ!?)によくコピーバンドをやっていたなっしー」と感慨深げ。一方、たかはっしー(サバンナ高橋)は中学生の頃にガンズと初めて出会い「世界でいちばんモテそう! バンドってカッコええなぁと思わせてくれた最初のバンド!」と、おのおのがガンズについて思いを語る。

続いてはそれぞれのガンズ・ベスト3をミュージックビデオを上映しながら発表。ふなっしーセレクションの第3位は、イントロが切なくカッコいいという「Paradise City」。2位はCDを買って最初に聴いた曲だそうで、「ガンズのいいところが全部詰まってるなっしー!」の「Welcome To The Jungle」。そして第1位は、この季節にピッタリだという「November Rain」。

ここで、たかはっしー(サバンナ高橋)から同曲のミュージックビデオに対してのマニアックなツッコミも入り、続いてたかはっしー(サバンナ高橋)セレクションのコーナーへ。

高橋は“空耳”に寄せたガンズ・ナンバーを3曲ピックアップ。第3位は“兄貴の位牌! ヤクザ!”と歌ってるようにも聞こえる「Mr. Brownstone」。第2位は中間部が“悦子の母乳”とも聞こえ、かの大女優・市原悦子がアクセル・ローズの育ての親か? という都市伝説まで生んだガンズ空耳史上に残る名曲「Welcome To The Jungle」。

ここまでの2曲は、空耳の名曲として知られる楽曲だが、第1位は高橋がこのコーナーのためにガンズの膨大なナンバーを聴き直して探した“新作・空耳”。なんと、この新作を紹介する動画のために3日かけてイラストを書き下ろした。

さて、その注目の第1位ナンバーは「Sweet Child O’ Mine」。高橋作のゆるいイラストではチャーハンに酢をかけて食べるシーンが映し出され歌詞の“Sweet child”部分が“酸いチャーハン(!?)”に聴こえるというもの。高橋渾身の自信作ではあったが、報道陣は微妙なリアクション。ガンズの来日公演で、もしこの曲をやったら、みんなで「酸いチャーハン!」と叫ぼうと呼びかけた。

このあとはふたり並んで、ふなっしー&たかはっしーとして、勇ましくガンズ応援サポーター結成宣言。オリジナルメンバーが揃っての来日は24年ぶりとなるガンズに対して、ふなっしーは「レジェンドに会えるなんて梨冥利につきる。みんなで観てくれなっしー!」とラブコール。高橋は「まさか(スラッシュ、ダフが復活してのオリジナルメンバーで)もう1回やってくれるなんて。目の前で見るまで信じられない! みんなで伝説の目撃者になろう!」と興奮を隠し切れない。そして最後に「俺らを前説で出してもらえないかなぁ」と遠慮気味に答え、会見を締めた。

ライブ情報
ガンズ・アンド・ローゼズ来日公演
2017年
01/21(土) 大阪・京セラドーム大阪
01/28(土) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
01/29(日) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ

ガンズ・アンド・ローゼズ 来日公演サイト
https://www.creativeman.co.jp/artist/2017/01guns/

最終更新:2016/11/15(火) 16:37

M-ON!Press(エムオンプレス)