ここから本文です

“駆け引き”制した興梠、PK献上の元同僚DF西に掛けた言葉とは!?

ゲキサカ 2016/11/29(火) 23:28配信

[11.29 チャンピオンシップ決勝第1戦 鹿島0-1浦和 カシマ]

 本人は「ラッキーな部分もあったかなと思う」と試合後に語った。スコアレスのまま迎えた後半11分、右サイドからMF柏木陽介が送ったクロスに反応したFW興梠慎三は、PA内でDF西大伍のファウルを誘ってPKを獲得。「FWとしては駆け引きの部分もあった」と振り返る。

 柏木のクロスに対して、興梠は西の前方に構えていた。そして後方から迫った西に倒されると、家本政明主審の笛が吹かれてPKが与えられる。「そんなに激しいタックルでは、もちろんなかった」と認めた興梠だったが、「ただ、自分はボールを見ていたので、フッと力が抜けているときにポンと来たので倒れてしまった」と説明すると、「大伍と話しましたが、『お前、若いな』と言っておきました」と元同僚と言葉を交わしたことを明かした。

 このプレーで得たPKをMF阿部勇樹がきっちりと沈めて先制した浦和レッズは、その後は鹿島の反撃を体を張ってしのぎ切り、1-0の完封勝利を収めた。「ディフェンスに回る機会が多かったので、レッズらしいサッカーはできなかった」。そして、自身の出来についても「前で収めることができなかった」と納得いくものではなかったようだが、「でも、後半にどうにかハードワークしてPKをもらえたので、最低限の仕事はできたかなと思う」と安堵の表情を浮かべる。

 決して内容には満足できなかったものの、きっちりと結果を残した。「アウェーで勝てたのは良かったし、良いアドバンテージになったと思う」と話しながらも、「ただ、それを考えながらゲーム運びをしていたら絶対にやられると思うので、これを忘れて勝ちにいきたい」とホームで行われる第2戦に視線を移した。

最終更新:2016/11/29(火) 23:58

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合