ここから本文です

クリスマスについてひとり暮らしの男女に聞いた結果、半数が“ぼっち”と判明 さらに女性の8割が「クリスマスに告白されると受け入れる」

ねとらぼ 2016/12/9(金) 7:10配信

 レオパレス21が行った「ひとり暮らしとクリスマスに関する実態調査」にて、今年のクリスマスを“ぼっち”で過ごす人が半数以上、また女性の8割が「クリスマスに告白されると受け入れる」というアンケート結果が出ています。

【画像】“ぼっち”がなんと半数

 同調査は2016年11月末、インターネット調査にて全国のひとり暮らしをしている20代~30代の社会人の男女600人を対象に実施。まず今年のクリスマスの過ごす相手を聞いたところ、「彼氏・彼女と」が25.8%、「意中の相手と」が4.7%に対し、「ひとりで」が52.2%と最も多くなっています。

 そこで女性300人に対し「クリスマスにデートしていた男性から告白されたら受け入れますか?」と質問すると、全体の78.0%が「受け入れる」と回答。なんとかデートまでこぎつければ成就する可能性が高いという結果に。

 ちなみに理想のシチュエーションに必要な要素を聞くと、30代では「おいしい食事やお酒」が57.3%で1位。20代では63.3%が「イルミネーション・夜景」と回答しています。

 理想の過ごし方については、男女ともに恋人・パートナー等と「家でまったり過ごす」のが良いようで全体の46.0%が回答。理由は「家の方が落ち着くから」がダントツで、一方の「外でデート」は41.5%とわずかですが下回っています。家でのお供について聞くと「テレビ」が62.7%で最も多く、「レンタルDVD」が33.3%で2番目と、とりあえずテレビでなにかを観て過ごすという結果が出ています。

 家の中を飾り付けるかという質問では、約2割の男性が少しでも装飾する“装飾男子”であることが判明。またそれに対して女性の6割が「好感が持てる」と支持しているとのことで、今後インドア派が増えるにつれ、家の装飾をする男子も増えるのかもしれません。装飾品は百円・三百円均一ショップやディスカウントストアで3000円以内が一番多いもよう。

 最後の「クリスマスを一緒に過ごしたい異性の芸能人は誰ですか?」という質問では、ディーン・フジオカさんが「おしゃれなクリスマスを過ごせそう」と男性芸能人の1位(13.7%)に輝き、女性芸能人では「穏やかな雰囲気で過ごせそうだから」などの理由で新垣結衣さんが昨年同様1位(27.7%)を獲得しています。

(宮原れい)

最終更新:2016/12/9(金) 7:10

ねとらぼ