ここから本文です

今回の紅白「グダグダ感」の正体 鴻上尚史氏「人間の生理無視」

J-CASTニュース 1/1(日) 18:25配信

「視聴者投票の意味ないじゃん」

 なお、視聴者の不満が募ったのは「演出面」だけでなく、紅組と白組の「勝敗」の決定方法にも及んだ。

 番組のクライマックスとなる投票結果発表では、視聴者投票と会場投票で白組が勝利。とくに、視聴者投票では紅組252万7724票に対し、白組は420万3679票で大きな差が付いていた。

 だが、最終的に勝利をおさめたのは「紅組」。この展開に、勝利した紅組司会の有村さんも、

  「えっ!? えっ、どういうこと。え、ありがとうございます。ちょっとびっくりしました。てっきり白が勝つかと思っていたので…。でも、お疲れさまでした」

と目を丸くしてコメントしていた。

 NHK公式サイトなどによると、今回の勝敗は、

  ・視聴者投票の勝利で2票
  ・会場投票の勝利で2票
  ・ゲスト審査員10人は1人1票
  ・ふるさと審査員は全員で1票

 の計15票で決まる。そのため、白組は視聴者と会場で勝利して計4票を獲得していたが、ゲスト審査員の票が紅組に集中したため、最終的には6対9の票差で紅組が勝利することになったという。

 こうした結果をめぐり、ネット上では「視聴者投票の意味ないじゃん」「あれだけ視聴者投票で差がついてて、審査員で決定って全く納得いかない」といった声も漏れている。

3/3ページ

最終更新:1/7(土) 21:14

J-CASTニュース

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!