ここから本文です

F1=メルセデスの新ドライバー、ボッタスが本命か

ロイター 1/3(火) 13:22配信

[ロンドン 2日 ロイター] - 自動車レースF1で圧倒的な強さを誇るチーム、メルセデスでは、総合王者ニコ・ロズベルク(ドイツ)が電撃引退し、新ドライバーの発表に注目が集まっている。

ロズベルクの引退を受け、メルセデスはルイス・ハミルトン(英国)の新たなチームメートを探すことになった。ブックメーカーの間では、バルテリ・ボッタス(フィンランド、ウィリアムズ・メルセデス)が本命視されている。

モータースポーツ専門サイトmotorsport.comによると、ボッタスはクリスマス前にメルセデスの工場を訪問。チームのエンジニアらと会い、2017年仕様のマシンのコックピットを試したという。

英国に本拠地を置くチーム、ウィリアムズのクレア・ウィリアムズ副代表は先月、経験豊富で信頼できる代わりのドライバーが見つかれば、ボッタスの移籍を容認する考えがあると述べた。

最終更新:1/3(火) 13:22

ロイター

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!