ここから本文です

台湾総統、クルーズ議員と会談=中国領事館が面会拒否要請―米

時事通信 1/9(月) 6:26配信

 【ワシントン時事】台湾の蔡英文総統は8日、中米訪問の途中立ち寄った米テキサス州ヒューストンで、昨年の大統領選共和党候補指名争いに出馬していた同州選出の上院議員クルーズ氏と会談した。

 同氏の声明によれば「ヒューストンの議員団」は面会直前、蔡総統と会わずに「一つの中国」の原則を守るよう要請する「興味深い」書簡を中国の領事館から受け取ったという。今回の面会に中国は反発し、「中米関係を破壊する行為に反対する」と批判した。

 クルーズ氏は声明で「米国を訪れた人との面会について決めるのはわれわれ自身だと中国は理解する必要がある」と述べた。さらに、中国側が誰と会うか、米側にも拒否権は与えられていないと述べ、中国を強くけん制した。 

最終更新:1/9(月) 18:32

時事通信