ここから本文です

大仁田がカシンに王道マットでの電流爆破マッチ提案

スポーツナビ 1/9(月) 22:04配信

 第100代アジアタッグ王者・大仁田厚が、因縁浅からぬケンドー・カシンに全日マットでの電流爆破での一騎打ちを提案した。
 大仁田は1月9日、K-DOJOの千葉・Blue Field大会に出場。「稲松三郎引退ロード」で、戸井克成と組み、TAKAみちのく&稲松と電流爆破バットタッグデスマッチで激突した。この一戦は2.5千葉で引退する稲松が「大仁田選手と対戦したい」と要望し、それを大仁田が快諾して実現したもの。

 爆破バットは3本設置され、1発目は大仁田が、2発目はTAKAが被爆。その後、一進一退の攻防が続き、大仁田の毒霧が戸井を誤爆。視界を奪われた戸井めがけて、稲松が渾身の爆破バット攻撃を叩き込み、3カウントを奪取(12分41秒、片エビ固め)。見事、自身の勝利で「引退ロード」に花を添えた。

 試合後、大仁田は「負けたけど、しょうがない。最後は入魂の一撃だった。今日は三郎の気合い勝ち」と、初の爆破マッチながら、勇猛果敢に闘った稲松を称えた。
 さらに、大仁田は全日本プロレス1.3後楽園で、「次はオレが(井上)雅央と組んで、アジアタッグに挑戦する」とアピールしたカシンに対して言及。
「カシンよ、そんなにオレとやりたいなら、全日本のリングでオマエを爆破させてやる。パートナーの渕(正信)さんの(爆破マッチをやる)決断が遅れれば、カシンとシングルでやってやる。渕さんは特別レフェリーをやればいい。レフェリーとして見てから、爆破マッチをやるかどうか判断してくれ。若手の頃にはオレも渕さんも(ハル)薗田もレフェリーを経験してるからできるだろ。王道もすべてを飲み込むぐらいじゃないと……」(大仁田)
 大仁田は昨年8.26ディファ有明でのファイヤープロレス旗揚げ戦での有刺鉄線ボード8人タッグデスマッチでカシンと対戦。1.2後楽園での秋山準&井上とのアジアタッグ初防衛戦では、秋山組の“人間凶器”としてカシンが投入され、両者の遺恨は深まった。
 果たして、大仁田の提案に対し、カシン、全日本がどのような反応を示すのか?

[文:ミカエル・コバタ]

■K-DOJO「K-UP IMPACT in Blue Field ~2017新春スペシャル~」
1月9日(月・祝)千葉・Blue Field 観衆114人(満員)

<第5試合 稲松三郎引退ロード第7弾~電流爆破バットタッグデスマッチ>
○稲松三郎、TAKAみちの
(12分41秒 電流爆破バット攻撃→片エビ固め)
大仁田厚、●戸井克成

<第4試合>
○真霜拳號、タンク永井
(14分44秒 無道)
関本大介、●野村卓矢

<第3試合>
○鈴木鼓太郎
(13分17秒 タイガードライバー→エビ固め)
●GO浅川

<第2試合 ハードコアタッグマッチ>
リッキー・フジ、○雷神矢口
(14分38秒 オリンピックスラム→片エビ固め)
吉野コータロー、●洞口義浩

<第1試合>
○梶トマト
(9分54秒 レッドアイ)
●熊野準

<第0試合>
○ダイナソー拓真
(3分58秒 スピアータックル→エビ固め)
●パンディータ

最終更新:1/9(月) 22:04

スポーツナビ