ここから本文です

麻央、涙の告白「神様、役者海老蔵を支えられるチャンスを下さい」

デイリースポーツ 1/9(月) 23:37配信

 がん闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央(34)が9日、日本テレビ系で放送された特番「市川海老蔵に、ござりまする。」(午後10・00~)で6月のがん公表後、初めてインタビューに応じた。麻央は「役者・市川海老蔵を支えられるチャンスを…、神様ください」と涙を流しながらがんと闘う心境を語った。

【写真】長女はママ以上の美人さん?家族4人で笑顔の記念写真

 収録は今月4日、入院している病室で行われた。取材班は麻央がキャスターを務めていた「NEWS ZERO」での出会いから、取材を続けてきた。病室に入ってきたスタッフの顔を見ると「ごぶさたしています」と柔らかな第一声。スタッフの心配そうな表情に「そんな暗い顔しないで。大丈夫だから」と励ました。その後、黒っぽいショートヘアのウィッグ(かつら)にうっすらアイメークや口紅も施し、笑顔で取材に応じた。

 麻央は「主人が、前言っていたときに理解できなかった考え方とかを、少し理解できる、というか、想像できるようになってきた部分があって。それが私が病気をして得たものの一つかな、と思って。そう思うと、病気をする前よりちょっといいパートナーに…。もし私がこの病気を乗り越えて、今私なりにある試練っていうものを乗り越えられた時に…、病気をする前よりも…、ちょっといいパートナーになれるんじゃないかな、っていう」と病気に立ち向かう心境、夫への思いを語り、こらえきれず大粒の涙を流した。

 がんと診断されたのは14年10月。2年以上に及ぶがんとの闘いで、麻央は「すごく思うのは…、役者・市川海老蔵をパートナーとして支えられるチャンスを、神様下さい、っていつも思うんですね」と涙をこらえ、懸命に笑顔を作った。

 そして「主人と結婚したからこそ、今、私こうやって生きてられるな、って。そうじゃなかったら、心が死んじゃってたかもしれない。だから、感謝してます」と全力で支えてくれる“夫・市川海老蔵”への感謝の思いを伝えていた。

最終更新:1/10(火) 7:31

デイリースポーツ