ここから本文です

里見女流名人、“本格的な上田将棋”と戦えるの楽しみ「力を出し切る」

スポーツ報知 1/10(火) 11:04配信

 伝説、再び―。里見香奈女流名人(24)に上田初美女流三段(28)が挑戦する五番勝負が15日、神奈川県箱根町の岡田美術館で開幕する。8連覇を狙う里見と、4期ぶり2度目の挑戦で初戴冠を目指す上田の激突。4年前の第39期五番勝負は、最終第5局が女流棋戦として初めて将棋大賞の名局賞特別賞に輝くなど棋戦史上に残る名勝負として語り継がれる。里見女流名人に直前の思いを聞いた。(北野 新太)

 ―女流五冠への復帰など、昨年も大活躍の1年でした。

 「本当にあっという間でした。ずっとタイトル戦を指させていただく環境で過ごせて充実していました。でも自分自身に大きく変化したところはなくて、もうちょっと気を引き締めて追い込んでいかなくちゃと思っています」

 ―挑戦者に上田女流三段を迎えます。

 「今期は他棋戦でも挑戦者決定戦に2度進出されたりと好調でいらしたので、もちろんあるかなと思っていました。ご出産されたばかりで活躍されているのは本当にすごいことだと思います」

 ―4年前は棋戦史上に残る名勝負を戦いました。

 「もうけっこう昔のことにように感じます。あの時、直後に他棋戦のタイトル戦でも指しましたし、いろんな戦型で戦えたこともすごく印象に残っています」

 ―上田将棋とは。

 「相居飛車、相振り飛車、対抗形と何でも指されますし、最新型にも精通されている。本格的な将棋を好まれる印象があるので、また五番勝負を戦えるのがすごく楽しみです」

 ―五番勝負に臨む思いを。

 「結果のことは考えず、一局一局しっかり対策を立てて、自分の力を出し切ることだけを考えて盤上に向かいたいです。あと、女流名人戦はたくさん温泉地に連れていっていただけるので、そちらも楽しみです(笑い)」

 ―今年も奨励会三段リーグと並行して女流棋戦を戦っていくことになる。

 「今はただ一生懸命頑張るということだけです。これからどうなるかということではなく、今だけをただ考えていたいです」

 ◆里見 香奈(さとみ・かな)1992年3月2日、島根県出雲市生まれ。24歳。森鶏二九段門下。6歳で将棋を始め、2004年に女流棋士に。08年の倉敷藤花戦で初タイトル。獲得タイトルは女流名人7、女王1、女流王座2、女流王位3、女流王将5、倉敷藤花7の通算25期(歴代2位)。今期は女流王座を奪還して女流五冠に復帰し、通算18勝1敗。昨年、妹の咲紀(20)も女流棋士になった。居飛車も指しこなす振り飛車党。

 ◆五番勝負日程

 ▼第1局(1月15日) 神奈川県箱根町「岡田美術館」

 ▼第2局(同22日) 島根県出雲市「出雲文化伝承館」

 ▼第3局(同29日) 千葉県野田市「関根名人記念館」

 ▼第4局(2月5日) 岡山県真庭市「湯原国際観光ホテル菊之湯」

 ▼第5局(同22日) 東京都渋谷区「将棋会館」

最終更新:1/11(水) 17:48

スポーツ報知