ここから本文です

異例の欠席「大人として恥ずかしい」新成人が賭けマージャン市長を批判

西日本新聞 1/9(月) 11:33配信

 平日昼に市長と副市長が賭けマージャンをしていた問題に揺れる福岡県飯塚市の成人式では、混乱を招くとの理由で斉藤守史市長が欠席した。市長が式典に出ないのは異例。新成人からは「よりによって何で自分たちが成人の年に」との声も聞かれた。

 式では市長によるお祝いの言葉を予定していたが、代理の片峯誠教育長があいさつで登壇した際に特別な説明はなかった。市長不在に気付かない新成人がいた一方で、「賭けマージャンをしていたことも、急きょ欠席したことも大人として恥ずかしい」と憤る新成人もいた。

=2017/01/09付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞社

最終更新:1/9(月) 11:33

西日本新聞