ここから本文です

可愛すぎる女芸人、「水着で土下座する」 大会で優勝なるか

AbemaTIMES 1/9(月) 19:12配信

(C)AbemaTV

 年の瀬が迫った昨年12月27日大阪で、松竹NO.1芸人を決める「松竹ネタチャンプ2016」が開催されていた。

 この「ネタチャンプ」は松竹60周年記念イベントで、優勝すれば、賞金と大阪松竹1面白いという称号が与えられる大会。松竹所属で芸歴60年以下なら誰でも参加可能だ。

 その中で予選会をぶっちぎりで突破し、優勝候補筆頭に挙げられていた芸人が「アルミカン」というコンビだ。「優勝できなければ水着で土下座する」と豪語し、話題にあがっていた。

 決戦当日、可愛すぎる女芸人として知られるアルミカン・高橋は「勝ちに行くつもりではあるが、勝算は50%」といささか弱気の様子。

 ネタチャンプはエントリーした70組中予選を突破した10組に、敗者復活戦を制した2組が加わり合計12組で決勝を争うのだが、その中にアルミカンが最も警戒するコンビがいる。それが芸歴35年の大ベテラン「ミヤ蝶美・蝶子」と若手の「どんぐり兄弟」だ。この2組がアルミカンの優勝を阻むのだろうか。

 異様な緊張感の中、行われたネタ順抽選会、アルミカンが引いた数字は「6」。

 決勝大会が開演すると、会場の爆笑をさらっていくコンビも。アルミカンにもプレッシャーがかかる。落ち着かない様子だ。

 だが肝心のネタ本番アルミカン・赤阪侑子がまさかの「大噛み」。結果は795点、辛うじて一時的に3位に滑り込んだものの、ライバルのどんぐり兄弟が824点を出し決勝進出はならず。アルミカンの優勝は消えた。

 呆然とした表情で悔しさを露わにするアルミカン。公約通り、「水着土下座」を行うという。

最終更新:1/9(月) 19:12

AbemaTIMES

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!